プログラミング初学者からフリーランスエンジニアとして独立するためにすべき3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスエンジニア

僕は現在フリーランスのエンジニアとして生計を立てています。

納品して完了というような受託開発というよりも、サービスの企画段階から参画してローンチ後も一緒に育てていくようなスタイルを好み、幸いにも現在はそういったプロジェクトといくつかご縁があります。

独立する前はフロントエンドエンジニアとして働いていましたが、今のようなJSゴリゴリでSPAを作るというような感じではなく、HTMLコーダーに毛が生えたようなものでした。

モチベなし、メンタル貧弱、コミュ障気味の僕が当時フリーランスとして独立するにあたってやったことを元にプログラミング初学者がエンジニアとして職を得る、またはフリーランスとして独立するためにすべきことをざっくりと紹介します。

※この記事の対象者

Webエンジニアとして独立したいプログラミング初学者

 

勉強する

当たり前ですが、まずWEBサービスを作るために必要なスキルを身につけるために勉強します。僕は当時から流行っていたRuby製のWebアプリケーションフレームワークRuby on Railsを勉強することにしました。

現在はこれでもかというほどオンラインで格安でプログラミングを学習できるサイトがあるのですが、当時は少なくとも日本ではあまりそういったサイトはなく、海外のLaunchSchool (当時は Tealeaf Academyという名前でした)というオンラインコースに約20万円をかけて2ヶ月間ほどみっちりと勉強しました。

今から思うとオンラインで20万円はかなり高いですが費用対効果としてはもう何十倍にもなっていて、あのコースがあったから今の自分があると言えるほど価値があったと思っています。当時の決断は振り返ってみても本当に大正解でした。

現在ではUdemyを始め、オンライン、オフライン問わずに学習できる環境が充実しています。まだ選択肢の少なかった当時から比べるととても恵まれていると思います。

逆に言えば誰でも始めやすくなっているということでもあるので、まず第一歩を踏み出し、さらに学習のモチベーションを保てるかどうかが重要だと思います。

オンラインだと怠けてしまう人はオフラインの学校でみっちりやるのがいいかもしれません。

僕も基本すぐ怠けてしまうタイプですが、当時は20万円を払ってしまっていたので必死にやりました。

プログラミングスクールは無料体験も充実しているのでまず行動を起こしてみることが大事です。

 

【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】

お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

自分でサービスを作ってリリースする

Webアプリケーションを構築する知識がついてきたらすぐに実践に移しましょう。勉強とオーバーラップしていいと思います。

この時、「自分の作りたいものを作る」というのが重要です。自分の作りたいものを作るということが勉強するモチベーションを継続するためにも役立ちます。

SNSでも株の予想サイトでもエロサイトでもなんでもいいです。

可能であれば会員登録、ログイン等の機能が入った会員制のサイトがいいと思いますが、それよりもとにかく自分が興味があって、そこまで時間をかけなくても作れそうなもの(数週間〜1ヶ月程度、長くても2ヶ月程度)がいいです。

飽きる前に一気に作り切って世に出してみましょう。これが一番大事です。

自分でサービスを作って運営してみる、というのはとても重要な経験になりますし、もし未経験で転職・就職する場合にはそのサイトがそのままアピールポイントにすることが出来ます。

 

なんでもいいから仕事を受ける

もうとりあえずサービス作れますということで、実際に仕事を受けてしまいましょう。

いきなり仕事なんて無理!と思うかもしれませんが、いつまでも引き篭もって筋トレしてても何も起きません。

実際の業務で学ぶことは一人で勉強しているのとは比較にならない程のボリュームがあります。

引き受けてしまえばやるしか無いので必死になります。必死になればなんとかなるものです。

例えわからないことが出てきても、本を一冊読んで、Webで調べれば解決できないことはほとんどありません。

もし上記のようなスクールに通っているのであれば、仕事を受けてわからないことが出てきてもメンターの人が丁寧に教えてくれるでしょう。

始めはクラウドワークスランサーズ等で、安くてもいいので何かを請け負って仕事をしてみるという経験をしてみるのが大事です。人とのつながりからまた別の案件につながって行くことも多いです。

慣れてきたらポテパンフリーランス等で仕事の紹介を受けるのもいいと思います。

ITエンジニアの無料カウンセリング【ポテパンフリーランス】


以上、プログラミング初学者からフリーランスエンジニアとして独立するためにすべき3つのことでした。

Happy coding!

 







 

引き篭もって勉強してても成長が限られる、モチベーションが続かないのは筋トレも同じですよね!

ジム通いが続かない人がキックボクシングを始めるべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。