誰でもディープフェイク動画が作れる「Deepfakes web」の使い方を説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年末ごろからフェイクポルノで話題になった通称Deepfakes(ディープフェイク)という技術ですが、もちろんポルノではない有用な活用が期待されています。

Deepfakesweb α はそんなDeepfakesをウェブ上で動画をアップロードするだけで誰でも簡単に実行できるサービスです。本記事ではDeepfakes webの使い方を解説します。

会員登録

サービスの利用には会員登録が必要です。

下記リンクからサインアップページにアクセスし、Email、パスワードを入力し「Sign up」ボタンを押します。

サインアップページ

しばらくすると noreply@deepfakesweb.com から「Confirmation instructions」という件名でメールが送信されます。メール内の「Confirm my account」リンクをクリックすると会員登録が完了します。

サインインページから登録したメールアドレスとパスワードでログインしましょう。

Deepfakes web Sign up

 

料金の支払い

ログインするとビデオの一覧ページが表示されます。初期状態では「No video yet」と表示されています。

右上に表示されている+ Createボタンを押して新規ビデオ作成ページへ移動します。

「Choose a video file…」をクリックすると決済画面が表示されるのでカード情報を入力し、決済を完了します。

Deepfakes web Video list

Deepfakes web Check out

 

料金は25時間分の使用権に対して4980円です。モデルの学習には約20時間かかりますが、作成したモデルを再利用して顔のすげ替えを行う場合は30分〜1時間程度で済みます。

決済した時間から25時間後までしか使えないという意味ではありませんのでご安心ください。

4980円というと高いと思われるかもしれませんが、処理性能の高い高価なGPUを使用しているという背景があり、これ以上価格を下げられないのが現状です。

また、一度時間をかけてモデルを作成してしまえば、後は安価に(短時間で)別動画の顔のすげ替えが可能です。

 

顔のすげ替え開始

いよいよDeepfakesを開始します。決済後、再度「Choose a video file…」を選択するとアップロードするファイルを選択できます。

人物Aの顔を人物Bにすげ替える場合、

1には人物Aが映っている動画ファイルを選択します。この動画内の人物Aの顔を人物Bに置き換えることになります。

2にも人物Aが映っている動画ファイルを選択します。こちらは人物Aの顔を学習するために使用します。1と同じ動画でも問題ありませんが、人物Aだけが映っているものを選択してください。

3には人物Bが映っている動画ファイルを選択します。人物Bだけが映っているものを選択してください。

動画のアップロードが完了したら「Start Deepfakes!」をクリックして学習を開始します。

Deepfakes web | ready for start

 

ビデオの作成中は下図のような表示になります。このまま作成が完了するまで15〜20時間程度待ちましょう。

Deepfakes web | creating

 

学習が完了すると作成した動画を再生できるようになります。

動画の詳細ページへ行くと、学習した顔の一例と学習の精度(Loss)が表示されます。

Lossが低ければ低いほど学習の精度は高くなります。0.02を切ってくると動画のクオリティが高くなってきます。

Deepfakes web(ディープフェイクウェブ) | Loss

こんな感じで動画が出来上がります。

 

学習したモデルを再利用する

動画詳細画面にある「Create new video with this learning model」ボタンを押すとこの学習済みモデルを使って新しくDeepfakesビデオを作成することができます。

追加で学習せずに単純にこのモデルを使用して顔のすげ替えだけをしたい場合は「Just swapping faces(No need to learn)」にチェックを入れてください。逆に、このモデルにさらに学習をさせた上でDeepfakesビデオを作成したい場合は「Just swapping faces(No need to learn)」のチェックを外したままにして学習用のビデオを選択してください。

また、人物Aの顔を人物Bで置き換えるのではなく、人物Bの顔を人物Aの顔に置き換えたい場合は「Swap the model (Instead of A -> B, swap B -> A)」にチェックを入れてください。

 


 

いかがでしたでしょうか?

自分だけのお気に入りモデルを作成し、Deepfakesビデオ作成をお楽しみください。

Deepfakesweb α

 

参考書籍

 

 

ゼロからエンジニアを目指す方におすすめ

【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】

お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。