ブロックチェーンの革新性を考えるため、公共経済学を勉強してみる vol1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブロックチェーンの革新性を考えるため公共経済学を勉強してみる

ブロックチェーンはなぜ破壊的イノベーションと騒がれているのか?その理由を探るため、ブロックチェーン技術によって破壊されると言われているもの = 既存の経済システムについて勉強していきます。

私について

大学は理系学科出身、これまでも経済についてはほぼ勉強したことはなく、日経新聞も読みません。

資産運用については興味があり株式投資のために四季報を買ってみたことはあります。

まあ、経済のことはからっきしです。

 

なぜ経済学?

「ブロックチェーンはインターネットを超える革命だ」と様々な人が声高らかに主張しています。

もちろん僕自身、いろんな本を読み、ネットで情報をあさり、実際に使ったりアプリを作ったりしてその技術が持つポテンシャルはある程度理解してきているつもりです。

ただ、やはり「ブロックチェーン技術がひっくり返すもの = 既存の経済システム」自体のことをあまりよく理解していないので、より深くブロックチェーンのインパクトを理解するため、またエンジニアとしてブロックチェーン技術を活かす方法を探るためにもう少ししっかりと経済の事を理解したいと思いました。

 

公共経済学とは?

公共経済学(こうきょうけいざいがく,Public economics)とは、地方公共団体などの公共部門が行う経済活動を、経済学の側面から分析する学問である。また、公共部門と民間部門の事業分担の関連、市場の失敗の問題、所得分配公平性の問題、社会的意思決定機構の問題なども扱われる。

– wikipediaより

 

なぜ公共経済学?

Courseraでたまたま見つけたのが公共経済学だったからですw

強いていえば、経済の中で行政がどういう役割を果たしているのか?を研究する学問なので、

今後ブロックチェーン革命が進行した場合、行政の役割が小さくなっていく中でどのように経済活動が変化していくのか?という興味があり、内容とマッチしていそうだったからです。

こちらのコースを受けています。無料です。

Public Economics | Coursera

 


 

今後シリーズとしてポツポツと更新していけたらと思います。(自信はない)

このシリーズの次の記事はこちらです。

 

ブロックチェーン関連の参考図書はこちら↓

SNSでもご購読できます。