ピーマイラーオ

ラオスのルアンパバーン県で行われている新年行事「ピーマイラーオ」に行ってきました。

ルアンパバーンってどこ?

ルアンパバーンの町はラオス北部にあるルアンパバーン県の古都で、メコン川とナムカーン川の合流点の谷にあります。何千年もの歴史があり、1975 年まではラーンサーン王国の首都でした。数多くの仏教寺院で知られ、16 世紀にさかのぼる金色のワット シエントーンや、ラオス仏教の聖職者の邸宅であったワット マイなどがあります。

街全体が世界遺産に登録されていて、小さい範囲にたくさんの寺院があります。

フランスの植民地になっていた時代もあり、そのためかヨーロッパ圏では人気の観光地になっているそうです。

また、日本語ではルアンプラバンと表記される場合もあります。(英語ではLuang Phabang または Luang Prabang)

続きを読む